イカと佐賀牛を贅沢にいただき旅の疲れを癒す

日も暮れたので、今回泊まる宿、国民宿舎波戸岬にチェックイン。今回の宿泊プランは、佐賀牛と活きイカ会席でした。(1泊1人10,800円)
鍵をもらい、さっそく予約していた離れのコテージへ。玄関は2階にあり、そのまま入ると和室が。左にある扉から階段を降りると1階で、こちらはベッドのある洋室です。そして、大浴場を小さくしたような立派な室内風呂がついています。
清潔感があり程よく広いので、ゆったりとくつろげそう。

また、ロビーでは、オセロやトランプなどを貸し出してくれます。友達や家族と盛り上がりそうですね。


荷物を置き、館内のレストランで晩ご飯。天気が良い夕方には、夕日を楽しみながらお食事ができるそうです。
今回のお食事の目玉はなんといっても、イカの活き造りと佐賀牛の鉄板焼き。
イカは透明感がありかすかに動いていて、まさに新鮮そのもの。コリコリとした食感で格別な味わいです。お刺身を食べ終えると、イカの余った部分を天ぷらにしてくれます。
少し待つと、新鮮なイカがカリカリッとした衣に包まれて再登場。天つゆにつけていただくと、これもまたたまりません!呼子のイカと呼ばれ有名なだけに、納得の美味しさです。
次に出てきたのは佐賀牛。鮮やかな赤身にきめ細やかな脂肪が入った、見事な霜降り肉です。これを野菜とともに手元の鉄板にのせ、自分好みの焼き加減でいただきます。
柔らかくジューシーで、かむほどに感じられるのは贅沢な旨み。用意してくださっていた炊きたてのご飯によく合います。

これらの他にもいかしゅうまいや煮魚、デザートの甘夏ゼリーなど、どの料理も絶品。ボリュームたっぷりでしたが、ぺろりと食べられちゃいました。

食後ちょっと休んでから、大浴場へ。備長炭風呂で、なめらかな肌触りのお湯です。湯船につかり、ゆったりと旅の疲れを癒しました。

浴衣に着替えて、部屋に戻ります。普段着ない浴衣を着られるのも、お泊まり旅行の醍醐味ですね。
お布団はふかふかで、ぐっすりと眠ることができました。

朝、カーテンを開けると窓いっぱいに海が!真っ青で綺麗な海を見ながら、爽やかに目覚めることができました。全ての離れ部屋でオーシャンビューが楽しめるそうです。
朝ご飯の和食も美味しくいただけます。

泊まりがけで唐津を楽しみたい方に、是非オススメです。

国民宿舎波戸岬
住所 〒847-0404 佐賀県唐津市鎮西町波戸1082番地 >地図で見る
TEL 0955-82-1511
Web http://www.qkamura-s.com/hadomisaki/
KARATSU-NAVIへ