松原を堪能!散歩にお菓子!


そんな松原を抜ける途中に唐津のお菓子松原おこしのお店麻生本家さんがひっそりとたっています。おこしと聞くとかりかりとした米菓子が思い浮かぶとおもいますが、この松原おこしはしっとりとしたやさしい味わいのおこしです。形も独特で、円柱の形と黒糖の茶色は一帯に生える松の幹を、販売する際おこしを山の形に積むのは近くにそびえる鏡山を表現しており、このおこしだけで唐津の風景を思い描くことができます。また、こちらのお店では2階にも食べるスペースを用意してありお茶を飲みながらゆっくりと食べることもできるので、時間に余裕のある方はゆっくり立ち寄ってみるのもいいかもしれません!
このおこしは干し飯を煎ったものと水飴、黒糖などを混ぜ合わせたこのお菓子はショウガの風味とほんのりとした甘みでいくつも食べられてしまいます。お店の中でゆっくりといただくもよし、その日の旅のお供に買っていくもよし、職場にお土産として買っていくもよし、きっといろいろな場面に調和してくれることでしょう。

松原おこしは毎朝職人さんが手作りで作られています。午前中を狙ってお店に行くと作り立てが食べられるかもしれません!ぜひ午前中を狙って買いにいかれてはいかがでしょうか。

松原おこし 7本入り 185円