旅の休息に棚田の絶景を望む

浜野浦川により形成された浸食谷に、283枚もの田が連なる姿は壮観。谷の間から見える海の穏やかな様子と、均整の取れた棚田の姿はもはや芸術作品を思わせる美しさでした。

展望台からの風景は、四季を通した棚田の表情により様々に変化します。
特に4月〜5月の田植えの時期、水の張った田に夕日が反射した姿は幻想的な空間を作り出します。
今回はあいにくの曇り空でしたが、それでも水平線に向かって伸びる棚田の様子は、ずっと眺めていられる心落ち着く風景でした。
展望台に設けられたベンチから絶景を望みながら、旅の休息をとるのもおすすめです。