落ち着いたギャラリーで一期一会の陶器に出会う

その後向かったのは、唐津城の近くにある「ギャラリー時空」。和モダンな一軒家の引き戸の向こう側には、手作りの唐津焼やランタンと落ち着いた空間がありました。

丁寧に並べられたコーヒーカップや湯のみ、器、花器。ランタンの、繊細な花柄などの模様に沿って開けられた穴から漏れ出す光が、壁にその柄を映し出しています。その様子が幻想的で、思わず見惚れてしまいます。
そんなランタンを眺めながら階段をのぼり2階に上がると、たくさんの様々な種類の陶器が。ひとつひとつ丁寧に作られた陶器は、どれひとつとして同じものはありません。手にとってみると、土のもつ自然のぬくもりが感じられます。

このギャラリーに展示されている陶器は、峰とし子さんの作品。彼女は陶器の魅力に惹かれて独学で陶芸に没頭し、その後人間国宝の井上萬二氏に師事して、陶芸の基礎を習得したそうです。

こちらに展示されている陶器やランタンは、購入することができます。お気に入りの陶器を探すのも良いかもしれません。日常生活で何気なく使うちょっとした小物や器を好みの陶器に変えてみるだけで、毎日が楽しくなりそう。
陶器に興味がある方、必見です。訪れる際は、電話での事前連絡が必要です。

ギャラリー時空
住所 佐賀県唐津市東城内4-55 >地図で見る
TEL 0955-74-3315
訪れる際は事前にご連絡ください。
KARATSU-NAVIへ